アキレス腱断裂の話しっこ



あれは平成13年の夏。7月18日の夜でった。

その日はPTAのバドミントンの練習日で、いつもだば小学校の体育館でやるんだばって、

その日は都合がつがねして隣の中学校の体育館でやった。

その頃は娘がわぁさべったりで、この日も練習さついできてあった。

一通り練習ど練習試合も終わって、そろそろクールダウンでもすがな〜って話しさなって、

ゆっくり打ち合いしてあったその時・・・

下に落ちたシャトルばラケットで拾おうと腕ば伸ばした瞬間、

わぁのすぐ後ろで「バン!!!」って音が!!

まるでバスケットのボールば思いっきり体育館の床さ叩きつけだような。

自分では何事が起ぎだのがわがねして、上がら何が落ぢできたのがな?と思った。

そのままシャトルば拾って左足に体重ばかげだら転倒してまった。

ん?ど思って左足ば見だらアキレス腱のどごがV字型に引っ込んであった。

運よぐその日の練習さ接骨院ば開業してる人が来てで、すぐに応急処置。

接骨院まで運んでもらってギブスで固定して、その日は家さ帰った。

娘は仲間が家まで連れでいってでけで、わぁが帰ったら泣きながらしがみついできた。

カミさんの話しだと、泣きながらわぁの帽子ばつかんで「お父さん死んだらどうしよう」って喋ってあったらしい。

ものものしいギブス姿ば見でさらに大泣き。倒れるどご見でまったんだもんな〜。

次の日、整形外科の医師ばやってる従兄妹さ電話して、即日緊急手術。

「入院の手続きとったはんで」と言われだばって、「仕事があるはんで帰る」とお断り(笑)

次の日がらは職場では車椅子で仕事。仕事柄、車椅子はいっぱいあるはんでさ〜(^-^)

しかし断裂がら完全復帰まんで半年もかがった。

今でも左足のふくらはぎは、右足より一回り細いのさ〜




「話っこ」へ戻る